ぶらりジャポン

だい@フリーダムライダーが日本のいいところ、おすすめスポットを紹介します!

Uncategorized

新日本海フェリーはまなす 舞鶴~小樽 快適でお得な船旅を!!

投稿日:2017年8月10日 更新日:

…今のフェリーって。

 

…すごいんですね。笑

 

イメージ的には最低限の設備しかなく、みんなが空いているスペースで雑魚寝。

というのを想像していたんですが、

 

いやはや、、
びっくりしました。笑

 

今回は、
旅は船旅もアリ!!

 

しかも、
実は安くてお得??

 

…ということで。

 

京都府舞鶴市から
北海道小樽市に行く際に使った、

 

新日本海フェリー「はまなす」

 

について!

 

ご紹介させていただきます!

まず船内には泊まる部屋はもちろん、レストラン、カフェ、グリルといった食事処、大浴場、売店、喫煙所などたくさんの○○ルームがあります。

 

遠距離、長時間の移動になるためか、設備が多く、乗客に飽きさせない、退屈させない、

むしろ楽しませるイベント

などもありました!!

 

 

ではまず、はじめに。

ちょっと船内の施設の紹介を。

こちらがエントランス

ピカピカに光っていて
高級感が漂っています!

 

カフェ・ギャラクシー。

軽食、飲み物などが揃っていて、
ちょっとした食事ができます!

値段もお手頃!

ビンゴ大会などのイベントも!

 

レストラン・ジュピター。

自分の食べたいものを選んで取って、取った料理分だけお金がかかるという仕組み。




時間によって食べられる料理が違います。

 

そして外にはオープンデッキ。
冬季、荒天時は出られません。

 

売店。
お土産などが多数揃っています!

 

コインランドリー。
洗濯機、乾燥機ともに
4つずつあります。

洗濯200円、乾燥100円。
洗剤は50円で買えます。

 

トイレ。
とても清潔で船内に
何ヵ所かあります。



 

給湯室。
カップラーメンなど、
お湯が必要な時に。


水も飲めるのでありがたいですね。

 


ゴミはゴミ箱に。
廊下にずらーっと並んでいます。

 

喫煙所も船内には多数ございます。

 

この他にも、
マッサージルーム。

自動販売機。
(ジュース、お酒、アイス、ホットスナック)

チルドレンルーム。
(6歳までの子が遊べます。)

ゲームコーナーまでありました!


奥には定番のホッケーも。笑


…もはやゲームセンター。笑

 

そして、こちらが大浴場。



とてもきれいな脱衣所、広い浴場でサウナも付いています。

しかし、

入れる時間が決まっているので注意が必要です。

 

リンスインシャンプー、ボディソープ、脱衣所にはドライヤーもあります。

フェリーは揺れているので、自然の波ができています。笑

 

波のプールならぬ、

波の風呂。ですね。

…はい。笑

 

 

そして、
こちらが今回使わせてもらった
ツーリストAの客室。


二段ベッドとなっていて、上に寝る方は反対側から上がるようになっているため、見た感じスッキリしています。

シーツ、キルトケット(かけ布団的な)、枕は用意してあるのでぐっすり眠れます!

コンセントも付いているので充電も問題なし!

これだけあれば十分ですね笑

 

スポンサーリンク

 

 

この他にも、
ビデオルーム(一本500円でビデオを借りる)

時間と映画は指定されているが
無料で映画が見られる、

コンファレンスルーム。

 

高級感溢れる事前予約制の
グリル(食事)などがあります。

 

客室も、
・スイートルーム
・デラックスルームA
・ステートルームB

 

ツーリストAとは違い、1段ベッドで個室のようになっている
ツーリストSなどがあり、非常に充実しています。

 

特にスイート、デラックス、ステートはホテルレベル、それ以上のお部屋がご用意されております。
(詳しくはホームページへ。)

 

ちなみに、食事系、大浴場、売店などは営業時間が決まっていますので注意して行動してくださいね!

 

はい!

ではこんな感じで中にある設備を簡単に紹介させていただきましたが、どうでしたか?

 

結構すごくなかったですか?笑

 

個人的には、こんなにもフェリーの中が快適で、自由な空間が広がっているとは思いもしなかったので、

 

本当にびっくりしました!笑

 

しかも僕が利用した日はたまたま?

カフェでバイオリンの演奏会がありましたよ!!

他の乗客の方もたくさん見に来ていました!

しかもこれは、
無料で演奏を見る?聞く?ことができるので、あった日はラッキー!笑

こういうイベント事にも力を入れていて乗客を飽きさせない工夫が見えます!!

 

スポンサーリンク

 

 

他にも日の出、日の入を伝えてくれている案内もありました。

船の上でこの瞬間を見られたら…

最高ですよね~!!

いい思い出になること間違いなし!

 

あと船内では、
クイズラリーもやっていました!


船内の至る所に問題があって、問題を探しながら答えを考える。

という感じで、
すごく楽しそうでした!

 

しかも船や海に関する問題だったので結構難しそうでしたね。笑

 

もしかしたら景品がもらえるかもしれないので、フェリーを満喫したい方や時間を潰したい方は是非やってみてください。笑

 


 

と、こんな感じで、

フェリー内ではたくさんの施設、イベント等があるので長時間の乗船でも割とあっという間に時間が経ってしまいます。

 

とは言っても、約20時間の乗船なので、もちろん暇な時間はあると思いますが。。笑

 

その時間は、

オープンデッキに出て海風を浴び、
たそがれるのも良し、

風呂に入りまくるのも良し、

部屋に戻って寝まくるのも良し、

船内料理を味わうのも良し。

自由な時間なので
好きに過ごしましょう笑
僕は雨だったのでオープンデッキに出て
水しぶきを浴びました。よし。

 

意外とこのフェリーの時間が旅行の中で一番ゆっくり自由に過ごせる時間だったりするので、バッチリ疲れを取って、旅行に備えてくださいね笑

 

 

 

はい、ということで!

 

新日本海フェリー「はまなす」

 

について紹介してきましたが、最後はあれですね。

 

金額。

 

これだけ快適な船旅でどのくらいするのか、気になるとこですね。

実際、乗船する時期によって値段が変わるので分かりずらいと思いますが、今回は僕が実際に使ったプランでご紹介しますね!

 

僕が今回利用したプラン。

舞鶴港23:50発、
小樽港翌20:45着。
(期間A)一番安い。

ツーリストA+二輪車(750㏄未満)。

自分9570円+バイク9670円。

合計19240円。
バイクのほうが100円高い。笑
期間A,B,Cによって金額は変わります。

 

…なんと2万円を切りました〜!

 

この金額を見て、安いと思う方、高いと思う方、いろいろだと思いますが個人的には、

結構安いんじゃないかな~!

と思いました!!

 

ちなみに、期間、泊まる部屋、運ぶ車種などで金額は変わってくるので、気になる方は新日本海フェリーの運賃表でご確認お願いします。

 

 

個人的に、、

 

ライダー&ドライバー
おすすめ!

 

京都から北海道までの、

移動費、ガソリン代、食費、宿泊費、青森からのフェリー代などを考えると、人にもよるかもしれませんが多分同じくらいか、安いぐらいで行けると思います。

 

自走で行くとすると、
舞鶴から青森港まで下道で約20時間かかりますし、、

 

なにより大変です。

 

フェリーは乗ってしまえば、あとは目的地までゆったりできますし、お風呂にも入れて、おいしいご飯も食べられて、しっかり休めます!!

あと船旅してる!!

っていう非日常感も味わえます。笑

 

ですので関西から、北海道へ向かう場合、行くまでの行程に特にこだわりのない方(北海道ツーリング、北海道観光が目的)は是非フェリーで北海道まで行っちゃうのをおすすめします!!

 

日本一周中や、
自走で北海道へ!!

 

という方は海沿いで北上するのがいいと思います。

北陸~東北は走りやすいし、たくさんいい景色も見られるし、こっちのほうは達成感がものすごいですからね。笑

 

バイクの場合、
もし雨の予報とかが出ていて、足踏みをしそうなら、思い切ってフェリーで行っちゃったほうが早いし、

安全です。

 

ちょっと走って、新潟からフェリーっていうのもアリですね。笑

 

んま何はともあれ。

無事に事故無く、楽しく旅ができれば何でもいいと思います。笑

 

好きなように旅しましょうね!!笑

 

スポンサーリンク

 

 

ということで!

今回はフェリーでの快適さ、
船旅の良さというものを知ってほしかったので、

 

新日本海フェリー「はまなす」

 

ご紹介させていただきました!!

 

小樽に行きたい場合は、
今回紹介した京都府の舞鶴港から。

 

苫小牧(道南)方面に行きたい場合は、福井県の敦賀港からフェリーに乗るといいかもしれません。

 

行きたいほう、時間の関係に合わせて利用してみてくださいね!

 

あと寝るときでも、フェリーの振動、人の話し声、物音が結構するので気になりそうな方は、自分なりの安眠グッズがあると安心だと思います。(耳栓とか)

 

船酔いとかもあると思うので、船に乗ったことない方、心配な方は酔い止めも持っておくと安心ですね。

 

基本ずーっと揺れているので酔い始めるとちょっと怖いです。

 

「やべ、酔った。。」

 

っと思ったらもう寝たほうがいいかもしれませんね。

 

…僕は速攻で寝ました!!笑
がっつり酔いましたもん。笑

 

せっかくの船旅。

いい思い出にするためにも準備万端でいきましょう!笑

 

それと、乗船する時間がかなり遅いので、舞鶴港に向かう際はお気を付けください!!

 

バイクの方はもちろん、車の方も早めに着いておくといいと思います!

 

舞鶴港でもゆったりできますよ~笑

 

北海道に行く際は是非!
フェリーを利用してみてはいかがでしょうか!

 

きっと新鮮な気持ちになりますよ!

 

ではでは!

最後までありがとうございました!

 

良い旅を!!







-Uncategorized

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした